Archive for artist

TSP No.46

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 3 August 2021 by kenwada

Acrylic on canvas, 38.5×51.5 in. (97.0×130.3 cm)
August 3, 2021

TSP No.45 ー絵画は表現の固まりー

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 2 August 2021 by kenwada

Acrylic on canvas, 38.5×51.5 in. (97.0×130.3 cm)
August 2, 2021

前回、TSP No.44 で書いた彼ら、彼女らがもつ、もともとの能力の違い、才能の違いについて、例によって夜中に目が覚めた時に考える。
これは一体何なのか?

そこから思考がたどり着いたことなのだけれども、絵画というものは、もっとダイレクトなものなのではないだろうか、表現の固まりなのだということ、もっと表現に密着した本能的・原始的なものなのだということ。
それが彼ら、彼女らは、強く出る、あるいは出せる。
様々な文化的、社会的な背景を基盤として。
その中でも、彼ら、彼女らに一番影響を与えているのは、実感として、自由と自主独立だなと思う。
いかに人と違うかがかっこいい文化と、出る杭は打たれることのないようにいかにして工夫するかの画一的な横並びの文化と。

それから、冗談とかではなく、食べ物の影響もあるかもしれない。
7年間フランスに住んで、いわば人体実験のように自分の体を通して感じたけれども、毎日、肉とチーズばかり食べていると、自然と喜怒哀楽が激しくなる。
「精神の瞬発力」とでも呼ぶべきようなものが高まる。
そしてその分、精神の安定は欠くようになる。
実は、この状態は表現活動には向いている。
まあ学者的にはNOかもしれないですけれど、生活者の目で見れば、これは十二分にあり得ます。
人間、幼少期からの食生活の習慣、積み重ねの影響は計り知れないですから。

結局、表現なんだな、少し見えてきたぞ、この問題の核心が。
それを日本人は、多くの場合、技術や誠実さで対抗しようとするからな。
塗り方が雑でないとか、最後まできれいに仕上げているとか、きちんとしていて恥ずかしくないとか、そんなようなことです。
特にこの恥ずかしくないものを、拙くないものをというのが、どうも日本人特有の一般的にみられる感性で、別に恥ずかしくてもなんでも、それよりは表現を求めたいという気持ちが、もう少し彼ら、彼女らには、社会的に許容されていることも加わり、日常的に強く心の中にもっているのかもしれない。
そのような文化的な背景があればこそ、必然的にゴッホも生まれてきたのではないだろうか。
表現への飢えや希求、渇望が、恥やメンツ、プライドよりも若干強い。
日本人は、彼ら、彼女らに比べると、どうしても押しが弱い。

草間さんのニューヨーク時代のあの斑点の作品は、今のようにあまりに有名になったことに比べれば、当時はまだほとんど無名の存在に近かったけれども、すごく西欧人のダイレクトな表現を求める感覚に近い、と言いますか、あまりに根源的なものが酷似している。
昨年の Damien Hirst の一連の Veil Paintings も全く同じです。

この問題は、僕の考えに足りないところもあると思いますので、さらにもう少し深く掘り下げて考えてみます。
例えば、彼ら、彼女らは、なにゆえに常に合理的な思考をするのか、それと彼ら、彼女らの表現との関係について考えていない。

TSP No.44 ー僕が常に心がけてきたことー

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 29 July 2021 by kenwada

Acrylic on canvas, 38.5×51.5 in. (97.0×130.3 cm)
July 27, 2021

今度の制作は、F60号2枚です。
7月19日から、このキャンバス2枚との戦いがすでに始まっていますが、さあ、改めていよいよここからだぞ!っていう感じです。
新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、僕には常に心がけてきたことがあって、それは絶対に日々の制作の手を抜かない、おろそかにしない、パンデミックで展覧会ができないからといって、それを言い訳にして、毎日の集中力が低下したり、モチベーションを失ったり、そういうことだけは自分に対して絶対に認めない、ということです。
僕は1年365日標高1100mの森の中で暮らしていますが、楽しみは、庭でバラやクレマチスなどの様々な花を育てたり、夏の間、近くで借りている畑でいろいろな野菜を収穫したり、自然卵を作るための養鶏(現在かわいい雌鶏8羽)や、今年10才になる愛犬の柴犬や森の中で生まれた3兄弟の猫(来月2才)を大切にするくらいにして、不要不急の外出をしないことはこれまで徹底して厳守してきましたし、手洗い、うがい、マスクの着用もできる限りやってきました。
また記録を取りながら一ヶ月の中で休肝日を多く作り、月末にその月の休肝日のパーセンテージを出し、たとえ真冬の毎朝マイナス10℃以下の気温であっても、早寝・早起きを徹底してきました。
人と比べることではありませんので、あくまで自分なりにですが、それでも自己管理の生活をなんとか送ってきた僕にとって、たとえ相手が薬物であっても、コロナワクチンの二回目の接種後に体調を崩したことは、僕にとってかなり屈辱的なことでした。
二日間、全く仕事になりませんでしたから。
お話になりませんでした。

なにゆえにお前は森の中で一年中そうした生活をしているのかと問われれば、それはごく簡単な話であって、そのくらいの気迫、ハングリー精神でやらなければ彼ら、彼女ら(欧米人)に、とてもではありませんが勝てないからです。
もうこれだけ海外で様々な経験をしてきて、彼ら、彼女らの中の優秀なできる人間のもつ、もともとの能力の違い、才能の違いを痛感し、彼ら、彼女らが、いざやるとなったら、どれだけガンガンやってくるか、それはもう身に染みて体験していますから。本当にそう思いますので、僕は実践しています。

僕の言いたいことは、日本で日本人が日本人と日本語でずーっと暮らしていると、次第に感覚が麻痺してきて、つい目の前の現実を当たり前のように感じてしまうようになるということです。

以上です。

昨日、畑で採れたきゅうりです。新鮮なきゅうりはトゲが痛いです。無農薬散布で育てていますので、軽く水洗いして、地元の無添加の赤味噌をつけてバリバリ食べるとおいしいです。ちなみに昨年からきゅうりはネット栽培をやめて、地這いで育てています。その方が収穫の効率が上がるような感じがして、切り替えました。

Spectrum Brooklyn 中止のお知らせ

Posted in Exhibitions 2012-2021 with tags , , , , , , , , , , on 27 July 2021 by kenwada

皆様、こんにちは。

7月24日(土)にコロナワクチンの二回目の接種(いずれもファイザー社製)を済ませましたが、翌日になって接種後18時間もしてから、制作中に副反応が出始め、次第に立っていることが困難になり、悪寒や発熱、手・腕・肩・くるぶしの痺れと割れるような痛みがひどく、昨日の日曜日は夏の昼間から一日中、布団を三枚かけて寝ていましたが、それでもまだ寒気が続きました。
今日になってもまだ、これは発熱の後遺症でしょうか、ふらふらするのと、首の付け根から右眼の奥にかけて痛みます。

あまり大きく報道されていない事柄ですが、7月26日付の日刊ゲンダイヘルスケア電子版の記事「新型コロナワクチン接種後に死亡751事例でわかること」から以下に引用いたします。
「厚労省は21日、専門家による新型コロナワクチンの副反応検討合同部会で、2月17日の接種開始から7月11日までに667件の死亡事例が発生していたことを報告した。内訳は米ファイザー社製663例、モデルナ社製4例である。7月16日までに延長すると新たにそれぞれ83例、1例が加わり、総死亡は計751例となる。」

さて、楽しみにしていました 9月10日からの Spectrum Brooklyn ですが、7月20日にアメリカのギャラリーのディレクターからメールが入り、主催者側から中止の連絡を受けたという内容で、正直、これにはとてもがっかりしました。
記念すべき第一回の、しかも新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ニューヨーク市で開催される初めての大きなアートフェアでしたので、参加を予定していた各国のギャラリーやアーティスト等等に、今回の突然の中止は、相当な混乱をもたらしたのではないかと思います。
ディレクターとのやりとりの中で、中止の理由については情報を得られ、同時に理解することもできましたが、それを一アーティストである僕が、ここに書くのは控えます。

すでに展示予定でした二作品をアメリカに発送してしまっていましたので、どうしようかと思いましたが、ディレクターの温かい思いやりで、2021年12月1日から12月5日までマイアミで開催される、Spectrum – Red Dot Miami で二作品を発表できることになりました。
トーマス、本当にありがとう!
感謝です。

また期日がもう少し近づきましたら、会場や時間等の詳細な情報を改めて掲載いたします。

2021年7月26日
和田 健

Dear friends,

I was looking forward to Spectrum Brooklyn from September 10th, but on July 20th, I received an email from the director of World Wide Art Gallery (US), and I was very disappointed to know that the organizer canceled the Brooklyn event.
I had already shipped my two works that were scheduled to be exhibited at the Brooklyn show to the United States, so I wondered what to do.
However, thanks to the warm consideration of the director, I will be able to participate in Spectrum – Red Dot Miami, which will be held there from December 1st to December 5th, 2021.
Many thanks for your kind compassion, Thomas!
Thank you very much!

When the exhibition date approaches, I will post detailed information such as venue and time again.

With best wishes for a wonderful summer,
Ken WADA
Artist

TSP No.43

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 25 July 2021 by kenwada

Acrylic on paper, 35.0×35.0 in. (88.9×87.8 cm)
July 17, 2021

TSP No.42

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 23 July 2021 by kenwada

Acrylic on paper, 35.5×26.0 in. (90.0×65.0 cm)
July 16, 2021

TSP No.41

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 21 July 2021 by kenwada

Acrylic on paper, 36.0×28.0 in. (91.3×70.7 cm)
July 13, 2021

TSP No.40

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , , , , on 19 July 2021 by kenwada

Acrylic on paper, 36.0×27.0 in. (91.0×68.0 cm)
July 12, 2021

TSP No.39

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , on 17 July 2021 by kenwada

Acrylic on cardboard paper, 21.0×35.5 in. (53.4×90.1 cm)
July 7, 2021

TSP No.38

Posted in TSP 2021 with tags , , , , , , , , on 15 July 2021 by kenwada

Acrylic on cardboard paper, 36.0×29.0 in. (90.3×72.9 cm)
July 5, 2021