Archive for July, 2020

Artexpo New York’s Facebook, Instagram and Twitter!

Posted in Exhibitions 2012-2020 with tags , , , , , , , , , , on 27 July 2020 by kenwada
Artexpo New York
7月6日 6:10 ·
🎨: Dear Grid Worker No. 4 by Ken Wada | Agora Gallery
#ArtexpoNewYork #KenWada #AgoraGallery #fineart #artwork #pinkandblack #pink #black #contemporaryart #artist #artgallery #gallery

7月6日に Artexpo New York の Facebook, Instagram, Twitter に僕の作品 “Dear Grid Worker No.4” が掲載されました。僕はSNSを全くやりませんので、先日まで知りませんでした。
Artexpo New York には例年世界中の国から400を超えるギャラリーやアート関連の出版社が参加します。その中の数多くのアーティストを一々紹介していたらとてもやっていけませんので、主催者の公式サイトで作品が紹介されるなんて大変光栄です。2018年の3作品を展示予定ですが、“Dear Grid Worker” の No.1 や No.3 ではなくて No.4 を選んで載せてくるところが個人的には渋いなと思う。ちなみに Agora Gallery がメインにしている作品は No.1 で、僕がメインにしたい作品が No.3 です。3枚並べるとこんな感じになります。
https://www.agora-gallery.com/exhibition/Artexpo_04_22_2021-Artist-Ken_Wada.aspx
これらの作品を描いていたのは2018年のちょうど今ごろの季節で、そこからこの後 “Dear Grid Worker” の No.7 や No.8、さらには今年の “Untitled 2020” の No.13 から No.16 の “Green and White Paintings” が生まれたんだな、と思います。
やっぱり絵画は踊っていないとね、ぶっ飛んでいないとね、
いまさら気取った立派な社会人めいた絵画を観ていても描いていても面白くもなんともない。
Rat’s Feet, Rat’s Feet, Rat’s Feet Paintings!
祭姪文稿、祭姪文稿、祭姪文稿ペインティング!
同時に絵画はエレガントでないとね。
そこからさらに一歩思考を進めて、
Rat’s Feet Dancing!
A Gathering of Sai Tetu Bun Kou! なるものを構想したらどうだろうか。
現在、“Green and White Paintings” の No.17 から No.20 に取り組んでいます。今の手応えから前に進められると思う。
同時に次のシリーズの構想が浮かんできて、おそらく今度は白と斑点系の赤だけになると思います。
でも今までの経験からあんまり次の構想に脳が飛ばない方がいいんだよね、
でもこの際思いっきり飛んで全部ブッつぶれちゃった方がかえってすっきりしていいかもね、
どうせご立派な社会人じゃないんだから。
2020年7月27日
和田 健

Artexpo New York’s Facebook
https://ja-jp.facebook.com/artexponewyork/
Artexpo New York’s Instagram
https://www.instagram.com/artexponewyork/

Untitled 2020 No.16 ーfrom the series Green and White Paintingsー

Posted in Works 2020 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 25 July 2020 by kenwada

無題 2020 No.16
ーシリーズ緑と白のペインティングからー
2020年7月
北軽井沢 作品 No.409
画布にアクリル
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.16
ーfrom the series Green and White Paintingsー
July 2020
Kitakaruizawa Works No.409
Acrylic on canvas
36.0×29.0 in.

Sans Titre 2020 Nº16
ーde la série Vert et Blanc Peinturesー
juillet 2020
Kitakaruizawa Œuvres N°409
Acrylique sur toile
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.15 ーfrom the series Green and White Paintingsー

Posted in Works 2020 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 23 July 2020 by kenwada

無題 2020 No.15
ーシリーズ緑と白のペインティングからー
2020年7月
北軽井沢 作品 No.408
画布にアクリル
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.15
ーfrom the series Green and White Paintingsー
July 2020
Kitakaruizawa Works No.408
Acrylic on canvas
36.0×29.0 in.

Sans Titre 2020 Nº15
ーde la série Vert et Blanc Peinturesー
juillet 2020
Kitakaruizawa Œuvres N°408
Acrylique sur toile
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.14 ーfrom the series Green and White Paintingsー

Posted in Works 2020 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 21 July 2020 by kenwada

無題 2020 No.14
ーシリーズ緑と白のペインティングからー
2020年7月
北軽井沢 作品 No.407
画布にアクリル
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.14
ーfrom the series Green and White Paintingsー
July 2020
Kitakaruizawa Works No.407
Acrylic on canvas
36.0×29.0 in.

Sans Titre 2020 Nº14
ーde la série Vert et Blanc Peinturesー
juillet 2020
Kitakaruizawa Œuvres N°407
Acrylique sur toile
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.13 ーfrom the series Green and White Paintingsー 

Posted in Works 2020 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 18 July 2020 by kenwada

無題 2020 No.13
ーシリーズ緑と白のペインティングからー
2020年7月
北軽井沢 作品 No.406
画布にアクリル
91.0×72.7 cm

Untitled 2020 No.13
ーfrom the series Green and White Paintingsー
July 2020
Kitakaruizawa Works No.406
Acrylic on canvas
36.0×29.0 in.

Sans Titre 2020 Nº13
ーde la série Vert et Blanc Peinturesー
juillet 2020
Kitakaruizawa Œuvres N°406
Acrylique sur toile
91.0×72.7 cm

よし、4枚できたぞ!ここはすぐに次の4枚に取り組もう。リズムが出てきたぞ。
Rat’s Feet, Rat’s Feet, Rat’s Feet Paintings!
2020年7月18日
和田 健

Now I’m Fighting to Create My New Series, “Green and White Paintings”!

Posted in Essay 2012-2020 with tags , , , , , on 10 July 2020 by kenwada

My studio photo on July 10, 2020.
Now I’m fighting to create my new series, “Green and White Paintings”!
I’ve found that the combination of green and white colors is really more elegant than I expected. I think that the one is also gorgeous at the same time! Ça m’amuse beaucoup! I do my best!
Ken WADA

今、緑と白の組み合わせをメインテーマに、脳をずらす/壊す/切り裂くペインティングを大きな課題として取り組んでいます。先日、そのための日常的に生み出す手法を思いつきました。同時にこれは顔真卿の「祭姪文稿」の要素も取り入れられる。もうここまで来たら少し先が見えてきました。取り組み初日の2020年6月19日のアトリエの写真と比べてみるとその変遷がよくわかります。何て言ったらよいのか、例えばここに車の好きな人がいて、すごく車に詳しくて、車の絵を描いたとします。でもそれを観ても何にも面白くない、自分の脳の言わば意志命令通りに忠実に描いているわけだから、お上手ですね、得意分野ですね、としか言いようがない。全然ロックじゃない、ジャズでもない、やっぱり出てきた形が自分でも、えっ、こんな形知らなかった、えっ、何この形、こんな形が僕の心の中にあったんだ、っていう衝撃がないと、脳が揺さぶられないと、それを刺激といってしまえば、あまりにありきたりの言葉になるけれど、やっぱり脳がずれていないとね、全然観ていても描いていても面白くも何ともない、どのくらいずれていると美しいと感じるものがあるかと言うと、T. S. Eliot の The Hollow Men (1925) の the first stanza の中に静かで意味のないものとして、rat’s feet over broken glass/ In our dry cellar が出てくるけれど、そのくらいずれていないとね、美しい、確かに美しい、普通そのような表現を引き合いに出してこないものな、その乾いた地下貯蔵室の “broken glass” にまたがるネズミの足を色と形にしたいんです、僕は。ここは全力でやります。
和田 健

Journey of the Magi

Posted in Essay 2012-2020 with tags , , , , , on 6 July 2020 by kenwada

1927
written by T. S. Eliot (1888-1965)

‘A cold coming we had of it,
Just the worst time of the year
For a journey, and such a long journey:
The ways deep and the weather sharp,
The very dead of winter.’
And the camels galled, sore-footed, refractory,
Lying down in the melting snow.
There were times we regretted
The summer palaces on slopes, the terraces,
And the silken girls bringing sherbet.
Then the camel men cursing and grumbling
And running away, and wanting their liquor and women,
And the night-fires going out, and the lack of shelters,
And the cities hostile and the towns unfriendly
And the villages dirty and charging high prices:
A hard time we had of it.
At the end we preferred to travel all night,
Sleeping in snatches,
With the voices singing in our ears, saying
That this was all folly.

Then at dawn we came down to a temperate valley,
Wet, below the snow line, smelling of vegetation,
With a running stream and a water-mill beating the darkness,
And three trees on the low sky.
And an old white horse galloped away in the meadow.
Then we came to a tavern with vine-leaves over the lintel,
Six hands at an open door dicing for pieces of silver,
And feet kicking the empty wine-skins.
But there was no information, and so we continued
And arrived at evening, not a moment too soon
Finding the place; it was (you may say) satisfactory.

All this was a long time ago, I remember,
And I would do it again, but set down
This set down
This: were we led all that way for
Birth or Death? There was a Birth, certainly,
We had evidence and no doubt. I had seen birth and death,
But had thought they were different; this Birth was
Hard and bitter agony for us, like Death, our death.
We returned to our places, these Kingdoms,
But no longer at ease here, in the old dispensation,
With an alien people clutching their gods.
I should be glad of another death.

今日は朝から何度もうなりました。
美しい、美しい、なんて美しいのだろう!
およそ人間が作ったものの中で、この詩はちょっと考えられないほど美しい!

特に the second stanza の the word “temperate”、この一語でそれまでの the first stanza の “cold” や “winter” のイメージから一気に完全に決着をつけにきている、そのおそいかかってくるタイミングというか間合いというか、そこに何か異様なものを感じる、引き続いて、
“temperate valley” と“tavern” の描写、
“water-mill” が夜明けの “the darkness” を “beat” している、
“the lintel” の上に “vine-leaves” が絡みついた “tavern”、
“hands-feet” でもってきて、銀貨をかけてのサイコロ賭博、

the final stanza でそれまでの “we” を “I” に突然切り替えてくる思わず鳥肌が立つような場面転換の鋭利な(鋭利ななどという凡庸な言葉では作家に本当に申し訳ないですが)感覚、何か性的な感覚、
そしていよいよこの詩の核心であると僕には思われる一語 “agony”を登場させての、
“this Birth was/ Hard and bitter agony for us, like Death, our death.”
このイエスの誕生は我々にとって “agony” だった、さらには、
“With an alien people clutching their gods.”、
自国の民は今や “alien people” だということ、
the final line の “I should be glad of another death.”
この詩は今の僕の心の支えです。
すごいです、これは。人間の崇高。人間の気品。人間の高貴。人間の欲望。すべてが入り乱れて一つの巨大なドラマの塔を打ち建てている。でも一番感じるのは人間の再生であり更生なのではないでしょうか。最後の一行、専門家はどう日本語に置き換えるのでしょうか?僕自身は仏教徒ですが、大学の英文学の専門家とキリスト教の牧師や司祭等の専門家と二通りの意見を是非きいてみたいです。僕個人は「(生まれ変わった)(もう一つの)別の死をこそあえて喜んで望む、受け入れる、迎えるだろう。」という感じでしょうか。(この原文にはないこそあえての感覚が大切だと思うのですが)