My Drawing Photo on October 6, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 7 October 2022 by kenwada

My Drawing Photo on October 6, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

10月6日、Untitled 2022 No.12 を始めて、この写真の段階までで約40分。
昨日のドローイングは、自分にとって実に大きかった。
制作はストップし、つくづく考えさせられた。
そうか、色には、フランス語で言うところの brut があるのか。
ここで僕が言う brut は、アール・ブリュット(art brut) のことではなく、もちろん、それはとても大切なことだけれども。
なぜかと言うと、フランスから帰国して間もない頃、だからおそらくは2011年に、僕が帰国後、最初に印象を受けた展覧会は、有名な人のではなくて、世田谷区立梅ヶ丘図書館で偶然観た障害者展だったから。
それとは異なり、僕が昨日感じたことは、色そのものに色そのものの中に、brut があるということ。

どうして、眼を悪くした今になって、これがわかったのだろう?
逆に言えば、なぜ、眼のよかった時に、こんなにも大切なことに気づかなかったのだろう?
ああ、これで、これまでの研究の流れのすべてに、サッと一筋の光がさすようにわかった。
すべて brut で、もってきているのか。
今頃になって、神様は僕に何を言おうとしているのだろう?

翌朝になって、もちろんだけれども、brut はやや消え、sec になっている。
当たり前だ、絵の具は乾いて水分を失い、キャンバスの向こうに引いて行くのだから。
まるで、潮の満ち引きと同じだ。
でも、よく観ていると、やっぱり、brut が残っている。
その名残や痕跡が感じられる。
まるで、満潮の時に砂浜に打ち上げられたきれいな貝殻のようだ。

こうなれば、brut と sec の戦いだ。
brut を追え!brut を捕まえろ!そして、brut で描け!
brut と言えば、なんと言っても、まず真っ先に思い浮かぶのは、ゴッホと天才スーチンだ。
そうなれば、「ゴッホの日記」を熟読したことが役に立つ。
完全にわかった!
おそらくできるな、これは。

2022年10月7日
和田 健

Untitled 2022 No.11

Posted in Works 2022 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 5 October 2022 by kenwada

無題 2022 No.11
2022年10月
北軽井沢 作品 No.465
画布にアクリル
72.7×60.6 cm

Untitled 2022 No.11
October 2022
Kitakaruizawa Works No.465
Acrylic on canvas
29.0×24.0 in.

Sans Titre 2022 Nº11
octobre 2022
Kitakaruizawa Œuvres N°465
Acrylique sur toile
72.7×60.6 cm

My Drawing Photo on October 2, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 2 October 2022 by kenwada

My Drawing Photo on October 2, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

あと、ワンテンポ、ピッチを上げれば、サインに近づく。
左下の黄色の塗り替えと、どこかに紫色を入れて画面を落とす。

2022年10月2日
和田 健

My Drawing Photo on September 25, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 25 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 25, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

「さあ、またここからいくぞ!」っていう感じ。
Untitled 2022 No.9 と No.10 が、赤系のレッドオーカーの地色に、緑色や青色中心なので、今度は緑系のカドミウムグリーンライトの地色なら、補色の関係を逆にもってくればいい訳だけれども、事はそう理屈通りに簡単にはいかない。
とりあえず、明日、右下の紫の上に、コンポーズブルーの#1で横線を引いて、逆に上に切り返していくところからだな。
この段階で、色を「置きにいこう」とか、「決めに行こう」とか、お馬鹿なことを一切考えないこと。
人間は、自然に放っておくと、まとめることが本当に好きだからな。
その日の収穫や成果を思わず実感したくて、今日も締りがなくバラバラで終わるのが、やっぱりどうしても嫌だから。
僕たちの仕事は、今日もまとまりがなくバラバラで終わる、その日々の悔しさの堆積のようなものの中にこそ、何か言葉にはできない大切なものが含まれています。
まあ、それはともかくとして、色のせめぎあいと、塗り替えによるつぶしあいが続き・・・、今日のドローイングを明日になれば否定して、明日のドローイングを明後日になれば否定して、要するに賞味期限は1日か、せいぜい、いいところ2日で、また否定して、それを否定して、さらに否定を繰り返して・・・。
結局、どこまで行ってもエンドレスであり、果てしないな・・・、これは。
それでも最後に、一応、納得できた時のうれしさは、つまりは、サインした時のうれしさは、ちょっとこれはもうなんとも言えません。
「さあ、明日から、また新しいキャンバスや紙、いくぞ!」っていう感じです。

2022年9月25日
和田 健

Untitled 2022 No.10

Posted in Works 2022 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 18 September 2022 by kenwada

無題 2022 No.10
2022年9月
北軽井沢 作品 No.464
画布にアクリル
72.7×60.6 cm

Untitled 2022 No.10
September 2022
Kitakaruizawa Works No.464
Acrylic on canvas
29.0×24.0 in.

Sans Titre 2022 Nº10
septembre 2022
Kitakaruizawa Œuvres N°464
Acrylique sur toile
72.7×60.6 cm

My Drawing Photo on September 13, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 13 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 13, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

まずまず。
あと上のグレイと、下のオレンジ。

2022年9月13日
和田 健

My Drawing Photo on September 12, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 12 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 12, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

制作前半、まずまず。
後半、リズムがとれず、ガタガタに崩れる。
でも、いい、いい、悪いものは全部出し切った方がいい。
その間にいろいろな可能性を試したことを、脳がすべて把握しているから。
自分の脳に「お前大丈夫か、ちゃんと覚えているか?」とか問いかけないこと。
今日のドローイングを最底辺にして、ここから必ず作品にもっていく。
とりあえず、お話にならないので、森の中を走ってきます。
今日で、連続147日ランニング。

2022年9月12日
和田 健

My Drawing Photo on September 9, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 10 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 9, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

My Drawing Photo on September 6, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 7 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 6, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)

My Drawing Photo on September 5, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 6 September 2022 by kenwada

My Drawing Photo on September 5, 2022
Acrylic on canvas, 29.0×24.0 in. (72.7×60.6 cm)