Archive for 20 April 2020

母 3

Posted in Photos 2011-2020 with tags , , , , , , , on 20 April 2020 by kenwada

母 3
松戸市常盤平団地の自宅近くの熊野神社にて
1963年6月23日
撮影者: 父
母、姉と僕

My Mother 3
June 23, 1963
Photographer: my father
my mother, my sister and me

Ma Mère 3
23 juin 1963
Photographe: mon père
ma mère, ma sœur et moi

Mother

My first memory about you was when I was two or three.
I looked up at you in front of the closet.

You always wore your handmade clothes.
You always put on your makeup with cheap cream.
You always tied your hair with a rubber band.

You made homemade food for my sister and me every day,
so she and I never ate frozen food.

You always ate a little.
I was a child, but I knew well you would eat a little for your children.

We lived in a small housing complex, but there was nothing wrong with it for me.
For a long time, there was no vacuum cleaner in our house, but the house was always clean and tidy.

Everyone was still asleep on Sunday morning, but you baked me a fried egg.
I ate it and ran to the calligraphy class.

It is my tiny life’s pride that I was raised by a person like you.

あなたについての最初の記憶は僕が2才か3才の時だった。
僕は押し入れの前であなたを見上げていた。

あなたはいつも手作りの服を着ていた。
あなたはいつも100円のクリームでお化粧をしていた。
あなたはいつも輪ゴムで髪を縛っていた。

あなたは毎日姉と僕に手作りの料理を作ってくれた、
それで姉も僕も冷凍食品を一度も食べたことがなかった。

あなたはいつも少ししか食べなかった。
子供だったけれど、僕にはあなたが少ししか食べないのは子供たちのためなのだとよくわかった。

みんなで小さな団地に住んでいたけれど、それで僕には何の不自由もなかった。
長い間、家には掃除機がなかったけれども、家の中はいつも清潔できれいだった。

日曜日の朝まだみんなは眠っていたけれども、あなたは僕に卵を焼いてくれた。
僕はそれを食べて書道教室に駆け出して行った。

あなたのような人間に育てられたことは僕の小さな生涯の誇りです。