The Hill We Climb

https://www.youtube.com/watch?v=Wz4YuEvJ3y4

The Hill We Climb
by Amanda Gorman

When day comes we ask ourselves,
where can we find light in this never-ending shade?
The loss we carry,
a sea we must wade
We’ve braved the belly of the beast
We’ve learned that quiet isn’t always peace
And the norms and notions
of what just is
Isn’t always just-ice
And yet the dawn is ours
before we knew it
Somehow we do it
Somehow we’ve weathered and witnessed
a nation that isn’t broken
but simply unfinished
We the successors of a country and a time
Where a skinny Black girl
descended from slaves and raised by a single mother
can dream of becoming president
only to find herself reciting for one
And yes we are far from polished
far from pristine
but that doesn’t mean we are
striving to form a union that is perfect
We are striving to forge a union with purpose
To compose a country committed to all cultures, colors, characters and
conditions of man
And so we lift our gazes not to what stands between us
but what stands before us
We close the divide because we know, to put our future first,
we must first put our differences aside
We lay down our arms
so we can reach out our arms
to one another
We seek harm to none and harmony for all
Let the globe, if nothing else, say this is true:
That even as we grieved, we grew
That even as we hurt, we hoped
That even as we tired, we tried
That we’ll forever be tied together, victorious
Not because we will never again know defeat
but because we will never again sow division
Scripture tells us to envision
that everyone shall sit under their own vine and fig tree
And no one shall make them afraid
If we’re to live up to our own time
Then victory won’t lie in the blade
But in all the bridges we’ve made
That is the promised glade
The hill we climb
If only we dare
It’s because being American is more than a pride we inherit,
it’s the past we step into
and how we repair it
We’ve seen a force that would shatter our nation
rather than share it
Would destroy our country if it meant delaying democracy
And this effort very nearly succeeded
But while democracy can be periodically delayed
it can never be permanently defeated
In this truth
in this faith we trust
For while we have our eyes on the future
history has its eyes on us
This is the era of just redemption
We feared at its inception
We did not feel prepared to be the heirs
of such a terrifying hour
but within it we found the power
to author a new chapter
To offer hope and laughter to ourselves
So while once we asked,
how could we possibly prevail over catastrophe?
Now we assert
How could catastrophe possibly prevail over us?
We will not march back to what was
but move to what shall be
A country that is bruised but whole,
benevolent but bold,
fierce and free
We will not be turned around
or interrupted by intimidation
because we know our inaction and inertia
will be the inheritance of the next generation
Our blunders become their burdens
But one thing is certain:
If we merge mercy with might,
and might with right,
then love becomes our legacy
and change our children’s birthright
So let us leave behind a country
better than the one we were left with
Every breath from my bronze-pounded chest,
we will raise this wounded world into a wondrous one
We will rise from the gold-limbed hills of the west,
we will rise from the windswept northeast
where our forefathers first realized revolution
We will rise from the lake-rimmed cities of the midwestern states,
we will rise from the sunbaked south
We will rebuild, reconcile and recover
and every known nook of our nation and
every corner called our country,
our people diverse and beautiful will emerge,
battered and beautiful
When day comes we step out of the shade,
aflame and unafraid
The new dawn blooms as we free it
For there is always light,
if only we’re brave enough to see it
If only we’re brave enough to be it

この ABC News の映像には、心底驚いた、たまげた、衝撃的だった。
涙が全く止まらなくなった。
このかわいらしい小柄な、そしておそらくは想像するに相当お茶目な22才の女性は、いったいなんなんだろうと思った。
メニューインやオイストラフのバイオリンの演奏を初めて聴いた時にだって、僕はこんなに驚きはしなかった。
ジョン・レノンのイマジンを初めて聴いた時にだって、僕はこんなに驚きはしなかった。
どちらかと言うと、カシアス・クレイがソニー・リストンに勝った試合を、初めて観た時の衝撃に近かった。
運動分野的な何かの要素を感じた。
ともかく、僕は紛れもない天才の声を確かに聴いた。
これは是非とも言っていることを完璧に理解しようと思い、普段は素通りしている単語まで入念に辞書を引いて、2時間かかって全訳した。
率直な印象としては、執拗に韻を踏んでくるところは、他の詩人同様だけれども、この afraid-blade-made-glade ときて、タイトルの1行手前の That is the promised glade は限りなく美しい。*¹
後半の might-might-right-birthright も美しい。
それから、行間休止はともかくとして、ピリオドさえも打ってこない。
でも彼女の詩の一番の特徴は、何と言っても、主語と所有格を非常に明確に強調して繰り返してくることだなと思った。*²
この明示は大学で学んだ教育からというよりも、生育歴に関する何ものかから、自然に表出してくるものであるように、僕には直感的に思えた。
We が60回、our が17回、そして来たなーと言う感じで、my が1回。
ここでいかにも待ち構えておいて意図的にはかったな、という感じがすると嫌になるのだけれど、全くそんな感じがしなかった。
ごくナチュラルな感じで、僕は普通にまた詩に戻っていけた。
ここは絵画でいうと、大きな点を打つところに該当するので、非常に大事。
いかにも狙って点を打ってきたなあ、画面の中でよく効いているなあ、インパクトがあるなあ、では見え透いていてまずいところです。
それから、手話のようなこの特異な身振り手振りを、彼女はどこから独創したのだろう。
おそらくは朗読のリズムをとる中で生まれてきたのであろうけれども、僕は今までにこのように朗読する詩人を見たことがない。
僕の頭の中を、ビューンってビューンって、新しい風が吹き抜けていくみたいだった。
その風が強過ぎて、どこからどこへ突き抜けていくのか、僕には全然、その方向性が、ベクトルがつかめなかった。
でもなんだかそれはすごく心地よい体験だった。
とても懐かしい、まるで僕が生まれる以前から、僕が慣れ親しんできたかのような懐かしい母の匂い、子供の頃、寝転んだ時の日向の芝生の匂いがした。
一つ一つ訳しながら、ほぼ同時に、次のシリーズの構想が頭に浮かんだ。
直ちに、ちょうど手元にあったF20号のキャンバスに下絵を始めた。
We the successors of a country and a time
Where a skinny Black girl
descended from slaves and raised by a single mother
can dream of becoming president
その通りです。
是非アメリカ初の女性大統領になってください。

2021年1月27日
和田 健

追伸:この女性を一発で見抜いて招待してきた、今度の新大統領夫人の慧眼は、只者ではない。

後日記:
*¹ この1行が何故美しいかというと、そこに政治思想、主義、主張のようなものが含まれていなくて、字義通りの the promised glade であるからだと思います。
もし彼女がタイトル行の1行手前に意図的に、このオアシス的なほっとする脱力空間を組み立ててきたとするなら、その芸術的な空間識別能力、あるいは空間認識能力とでも呼ぶべきものは、ちょっと並大抵のものではない。
すなわち、この詩全体を私たちが登る丘(The Hill We Climb)に例えた時に、その頂上一歩手前に休息所がある、という安らかなイメージを全体構造として意識して描き、構築してきたと仮定すると。
そして、おそらくは意図的にここに配置してきたのだろうな。

*² 欧米人が、僕が、私が、に限らず、主語を強調してくることは、これまでに何度も体験し、たびたび痛感してきました。
その点は、私たちが話す日本語とは、だいぶ違います。
日本語では、特別な事情でもない限り、ほとんどの場合において、主語はあいまいなままで通りますから。
また、この詩の内容との関連で、ここでは主語を特に明確にしなければならなかったという点も当然あるでしょう。
でも、それらを差し引いても、なおかつ僕には、彼女の詩の特徴として、主語や所有格を強調してくる何らかの傾向があるなと、感じたということです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

<span>%d</span> bloggers like this: