Archive for 画家

Un petit jardin pour Maman

Posted in Works 2012 with tags , , , , , , , , , , , on 6 September 2019 by kenwada

母のための小さな庭
2012年8月
紙に水彩、鉛筆
23.0×25.0 cm

A small garden for Mother
August 2012
Watercolor and pencil on paper
9.5×10.0 in.

Un petit jardin pour Maman
août 2012
Aquarelle et crayon sur papier
23.0×25.0 cm

皆様、こんにちは。
最近、絵画というのはつくづく奥深いものだなと思うようになりました。
いいですよね、この絵。
きっと7年前の僕にはだらしなく思えたのでしょうね。
それでこのサイトに取り上げることもなく没にしたのでしょうね。
でも今の僕には適度に崩れていていい、人は年月とともに変化していくし、
僕のような者でも多少は成長します。
この7月8月、訳あって自分の過去の作品の多くに目を通しました。
そんな整理の最中にこの絵は作品集の中から本当にひらりと一枚だけ床の上に舞い降りてきました。
結局、絵を描いた時点では、その絵がいいかよくないかなんて真実のところは本人にはわからないものなのかもしれませんね。
その当時は技術的なことがどうのこうのと考えて今一つだなあと思っていた絵が、何年も経過して改めて観てみると、もう今の自分には当時こだわっていたようなことは取るに足りない些事に過ぎず、そんな気負いのようなものが取り払われて、絵そのものがすごく語りかけてくることがあります。
今回2009年に描いた絵を観てすごく考えさせられました。もう10年前ですよね。
年月の経過とともに感想が変わるものを真剣勝負として日々絵画という形で描き留め蓄積していくことができる、それが僕の仕事の小さな喜びであり幸せなのかもしれません。うまく言い表せませんが。
絵画というのは人間としての成熟が直結してきますね、もう少し日頃から醜さを味わうという心持ちを継続していくことができたら、晩年に自分の人生を喜ぼうという静かな気持ちに、それは本当に自分が自分に語りかけるだけの静かな心境に、つらかった若い頃の昔の自分にとっては夢にも思わなかった境地に達することができるかもしれない。聖書の中の「人を裁くことなかれ」もおそらくはここに繋がってくるのでしょうね。
この絵の余白に、Un petit jardin pour Maman, 23×25 cm, 28 août 2012 の書き込みがありました。
この絵の副題を「小さな喜び」としてもいいかもしれないな。
絵画というのは実にいいものですね、人の成長や変化と共に生きながらそれらを受け入れてくれる、この頃になってようやく僕はそう思います。

Dear friends,

Recently I have come to think that a painting is a profound thing. This picture is nice, isn’t it? 
Probably, seven years ago, the picture seemed loose for me. However, for me now, the one can be moderately broken, and that’s good for me now. People change over time, even a person like me will grow a little. In July and August, I have watched many of my past works for a reason. In the middle of such arrangement, this picture really fell from my works’ collection on the studio’s floor.
After all, when you draw a picture, you may not know the truth about whether the picture is good or bad at that time.
It may be a little joy and happiness of my work that I can draw and accumulate in the form of painting every day as a serious and central matter in my life. Unfortunately, I can’t express it well even in Japanese.
A painting is directly linked to maturity as a human being, and if you can continue to have the spirit of enjoying ugliness*¹ a little more on a daily basis, it will be a quiet feeling to enjoy your life in your late years. You may be able to reach a quiet place where you can talk to yourself and a place that you had never dreamed of when you were a hard young. Probably, I think that “Do not judge” in the Bible will also be connected here.
In the margin of this picture, there was a writing of “Un petit jardin pour Maman, 23×25 cm, 28 août 2012”. I wonder that the subtitle of this one may be “A little joy”.
Anyway, a painting is a really good thing, because a painting can accept them while living with the growth and change of people, I finally think that way at this time.

Warm regards,
Ken WADA


But thinking so I came at once
Where solitary man sat weeping on a bench,
Hanging his head down, with his mouth distorted
Helpless and ugly as an embryo chicken.
-1929- W. H. Auden

Summer Mountain Painting No.3

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 1 September 2019 by kenwada

ナツヤマペインティング No.3
2019年8月
北軽井沢 作品 No.380
紙にアクリル、マルチ-タレント鉛筆
70.5×75.0 cm

Summer Mountain Painting No.3
August 2019
Kitakaruizawa Works No.380
Acrylic and multi-talented pencil on paper
28.0×30.0 in.

Montagne d’été Peinture Nº3
août 2019
Kitakaruizawa Œuvres N°380
Acrylique et crayon aux multiples talents sur papier
70.5×75.0 cm

Summer Mountain Painting No.2

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 24 August 2019 by kenwada

ナツヤマペインティング No.2
2019年8月
北軽井沢 作品 No.379
紙にアクリル、マルチ-タレント鉛筆、鉛筆
71.0×80.8 cm

Summer Mountain Painting No.2
August 2019
Kitakaruizawa Works No.379
Acrylic, multi-talented pencil and pencil on paper
28.0×32.0 in.

Montagne d’été Peinture Nº2
août 2019
Kitakaruizawa Œuvres N°379
Acrylique, crayon aux multiples talents et crayon sur papier
71.0×80.8 cm

Summer Mountain Painting No.1

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 19 August 2019 by kenwada

ナツヤマペインティング No.1
2019年8月
北軽井沢 作品 No.378
紙にアクリル、マルチ-タレント鉛筆
70.8×80.5 cm

Summer Mountain Painting No.1
August 2019
Kitakaruizawa Works No.378
Acrylic and multi-talented pencil on paper
28.0×32.0 in.

Montagne d’été Peinture Nº1
août 2019
Kitakaruizawa Œuvres N°378
Acrylique et crayon aux multiples talents sur papier
70.8×80.5 cm

この作品は僕にとってマイルストーン的な一枚になった。
非常に苦闘したが、最後の最後になってようやく何とか catch, attraper することができた。
My feeling を arouse してどこまでも高らかに歌いあげること、その尻尾をつかんだぞっていう感じ。

モデルとなった山は、熊ノ内というところにある鷹繋山に隣接した名もなき小山で、浅間山等のいわゆる名山の類いではありません。
僕が問う、May I have your name, please?
山が答える、I have no name.
素晴らしいではないか!名前なんかないよ!
これからも無名の山、名前すらない山、地元の人でさえ普段仰ぎ見ることの少ない山をたくさん描こう!
そうした山は僕に実に多くの喜びと希望を与えてくれる。
とりあえず、このナツヤマの第2バージョンと、秋になったら同じ山のアキヤマペインティング、冬のフユヤマペインティングを描こう!

結局、どこまでも
Stay Hungry. Stay Foolish.
結局、いつまでも
For us, there is only the trying. The rest is not our business.
ここで行間休止かー!

A midsummer day of Kitakaruizawa

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 12 August 2019 by kenwada

北軽井沢の真夏の日
2019年8月
北軽井沢 作品 No.377
画布にアクリル
72.7×91.0 cm

A midsummer day of Kitakaruizawa
August 2019
Kitakaruizawa Works No.377
Acrylic on canvas
29.0×36.0 in.

Un jour de mi-été de Kitakaruizawa
août 2019
Kitakaruizawa Œuvres N°377
Acrylique sur toile
72.7×91.0 cm

初めての美術館所蔵

Posted in Exhibitions 2012-2019 with tags , , , , , , , , on 5 August 2019 by kenwada

Dear Grid Worker No.8, January 2019
Acrilic on canvas, 36.0×29.0 in. (91.0×72.7 cm)

皆様、こんにちは。
僕の作品が初めて美術館に所蔵されることになりました。
その作品は今年描いたDear Grid Worker No.8 で、今年の11月に韓国のGeoje市にあるYukyung Art Museum で1ヶ月間展示された後に所蔵されます。
このプロジェクトを進めてくれたニューヨークのギャラリーに感謝しています。

以前にもこのサイトに書きましたが、これからは人種、宗教、性別、年齢、国籍、学歴などにこだわっている人間はまったくやっていけない、というのが僕の基本的な考え方ですので、僕は普段森の中で制作し、この3年間はニューヨークを主たる発表の場にしてきましたが、僕としては発表の場所も所蔵される美術館も五大陸どこでも全然OKです。
ましてや韓国にはパリのアカデミー時代、韓国人の女性アーティストが何人か留学してきていて、Artozoul 教授の元、同じ一つのアトリエで共に親しく切磋琢磨したあたたかい思い出があります。

病気や手術、老化など・・・どうなるかはわかりませんが、僕は75歳まで全力で絵を描きたい。
そして今、これまでの僕のすべてを土台にして、新しい風景画が何か創造できるのではないかと熱中しています。ああ、それにしても外にエスキースを作りに描きにいくのは何て楽しいのでしょう!僕はアトリエにこもってばかりで、この純粋な喜びをしばらく忘れていました。

フランスのマントノン時代、Chimay という小さな集落の中を流れる小川に沿ったところに秘密の場所があってよくそこに描きに行きました。
もちろん自動車なんてないから、オランダ製のガゼルという昔で言ったらよくお豆腐屋さんが町の中を引いて売りに来ていたような頑丈な自転車に画材をすべて積んで重いペダルを漕いでは毎日のように通っていました。そしてあの小川のほとりで様々なことを学びました。

これからも楽しみは鶏の飼育と犬の散歩、秋の森のキノコ狩りと春の山菜採りくらいにして、一切手をゆるめることなく、ひたすら日々集中していくだけです。

それにしても北軽井沢の自然は美しい!フランスのウール・エ・ロワール県の自転車を漕いで回ったあの村々の美しさとまったく対等ですね。いや山がある分、北軽井沢の方が美しいかもしれない、でもフランスのあの信じられないくらい美しい村の教会がないな、いやこの地域には人っ子一人いない美しい神社がひっそりと点在しているので、やっぱり互角だな。

Dear friends,

It is my pleasure to inform you that my artwork “Dear Grid Worker No.8” will be displayed at Yukyung Art Museum in Geoje, South Korea on November 1-30, 2019, and after the one-month museum exhibition the artwork will be included in the Museum Collection. It will be my first museum collection in my career. Yukyung Art Museum is part of Haegeumgang Theme Museum created to establish a link between the Korean tradition and contemporary art and culture. I have warm memories for Korean people. When I was attending the Académie de la Grande Chaumière in Paris, there were several Korean female artists who studied closely together under the guidance of Professor Artozoul in the same atelier. From now on I will continue my painting path while producing in Kitakaruizawa’s deep forests and the rural beauty surrounded my studio. And I would like to seek the path to be independent of race, religion, gender, age, nationality, educational background, etc. Now I am concentrating on creating my new landscape based on everything I have done so far. Thank you very much, especially to a New York gallery for promoting me this project!

Yukyung Art Museum
Haegeumgang 120 Nambu-meyon, Geoje, Gyeonsangnam-do, 53334 South Korea

Warm regards,
Ken WADA

A Path of Kitakaruizawa

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 1 August 2019 by kenwada

北軽井沢の小道
2019年7月
北軽井沢 作品 No.376
画布にアクリル
72.7×91.0 cm

A Path of Kitakaruizawa
July 2019
Kitakaruizawa Works No.376
Acrylic on canvas
29.0×36.0 in.

Un Chemin de Kitakaruizawa
juillet 2019
Kitakaruizawa Œuvres N°376
Acrylique sur toile
72.7×91.0 cm