Archive for 和田健

Roaratorio (1979) Version 1 January 4, 2019

Posted in Essay with tags , , , , , on 5 January 2019 by kenwada

水、小声、やがて詩の朗読だとわかる、バグパイプ、小鳥、教会の鐘、詩の朗読、詩の朗読、バグパイプ、子供、歓声、チリンチリン、ソプラノ、赤ん坊、歓声、詩の朗読、男の声、女の声、意味不明、意味不明、けたたましい音、へへへ、詩の朗読、車、This is, This is, This is, 遠くで歌、笑い、詩の朗読、下卑た声、民謡、馬、教会の鐘、車の通過、詩の朗読、大人の笑い、犬、子供の笑い、民俗音楽、再び詩の朗読、歌、背後音意味不明、ガタン、馬の蹄、チリンチリン、犬、民謡、バグパイプ、詩の朗読、静寂、民謡、車、民謡、ソプラノ、詩の朗読、馬、カモメ、美しい音色の音楽、詩の朗読、笑い、詩の朗読、one time, 詩の朗読、遠くの鐘、ボーンボーン、詩の朗読、車、幼児の声、意味不明、小鳥、詩の朗読、big boys, 意味不明、意味不明、ベル、詩の朗読、太鼓、意味不明、意味不明、意味不明、通りの雑踏、バグパイプ、太鼓、聖歌隊、聖歌隊、詩の朗読、聖歌隊、太鼓、小鳥、男、小鳥、小鳥、犬、歓声、民族楽器、馬、詩の朗読、車、民謡、詩の朗読、民謡、詩の朗読、民謡、詩の朗読、笑い、男、詩の朗読、女の歌、詩の朗読、子供の笑い、パパパパパ、幼児の笑い、ベル、水音、水、詩の朗読、意味不明、意味不明、小鳥、車、子どもの笑い、ブレーキ、詩の朗読、踏切、生活音、水、詩の朗読、ちゃりん、幼児の言葉、馬、詩の朗読、馬、馬、About, 馬、幼児、赤ん坊、赤ん坊、詩の朗読、聖歌、コケコッコー、雄鶏、水、川?、女、詩の朗読、小鳥、小鳥、教会の鐘、詩の朗読、女の子幼児、女の子幼児、詩の朗読、詩の朗読、女たちの下卑た笑い、水、雑踏、男たちの遠い笑い、詩の朗読、女の歌、民族楽器、笛、水、水、強い水音、詩の朗読、笛、小鳥、馬、笛、詩の朗読、男の歌、笛、グレゴリオ聖歌、何かのベル、ベル、グレゴリオ聖歌、教会の鐘、聖歌、詩の朗読、幼児の声、小鳥、詩の朗読、グレゴリオ聖歌、幼児の声、グレゴリオ聖歌、太鼓のリズム、太鼓のリズム、詩の朗読、小鳥、小鳥、遠くの教会の鐘、何かが割れる?、意味不明、詩の朗読、人々の笑い、女、ダンダンダン、再び同じ幼児の声、バグパイプ、小鳥、雑踏、聖歌、小鳥、雑踏、近くの鐘、再び同じ幼児の声、踊りのリズム?民俗舞踊、女の歌、歌、歌、カモメ、カモメ、雑踏、バグパイプ、詩の朗読、踊りのリズム、バンバン、太鼓、笑い、車、男の歌、男の歌、車、詩の朗読、男の歌、女、女、子供、小鳥、詩の朗読、小鳥、小鳥、男の歌、水、小鳥、聖歌隊、幼児、男の歌、詩の朗読、太鼓のリズム、オペラ?、女の合唱、羊、メエメエ、メエメエ、メエメエ、女の合唱、バイオリン、水、水、水、小鳥、ぴーよ、ぴーよ、カモメ、やかましいカモメ、笛、笛、バグパイプ、バグパイプ、教会の鐘、男の民謡、詩の朗読、水、車、通り、水、男の歌、アルミ缶?、女の歌、女の歌、雑踏、籠の小鳥?、詩の朗読、雑踏、教会の鐘、通り、rue, rue, 小鳥、バグパイプ、小鳥、小鳥、渾然一体、教会、詩、小鳥、教会、水、小鳥、小鳥、笛、バグパイプ、小鳥、男の歌、詩、詩大きな声、犬、女の歌、コケコッコー、コケコッコー、雄鶏、詩、太鼓のリズム、女、カモメ、バグパイプ、女の笑い、詩、鳥、男の歌、水音、川?、井戸?、教会の鐘、バグパイプ、男の歌、詩、女の歌、遠くの男、教会、男の歌、意識飛ぶ、水、笛、詩、男の歌、バグパイプ、詩、笛、詩、男の歌、幼児、車、女の歌、詩、幼児、轟音、小鳥、小鳥、バグパイプ、笛、男の歌、バンバンバンバンバンバン、意味不明、意味不明、意味不明、詩、男、水?、ベル、水?、ベル、女の歌、遠くの鐘、車、詩、馬、車、詩、掃く音、ベル、建築現場、詩、静寂、小鳥、朝、車、バグパイプ、笛、女の合唱、鳩、鳩、鳩、ふーふーふー、笑い、下卑た女の笑い、女の歌、カモメ、コケコッコー、雄鶏、詩、小鳥、雑踏、車、通り、羊の子ども、幼児の泣き声、幼児、幼児、詩、赤ん坊、赤ん坊、何かを叩く音、詩、水、詩、静寂、ピアノ、ジャズ?、詩、車、一瞬の静寂、詩、男の歌、男の声、鍵を回す?、男の歌、幼児の泣き声、男の歌、詩、チリンチリン、車、男の歌、詩、男の歌、詩、小鳥、男の歌、女の笑い、女の笑い、水、女の笑い、車、詩、通り、車、車、合唱、女の歌、詩、小鳥、詩、小鳥、詩、男の声、女、詩、カモメ、車、カモメ、カモメ、カモメ、詩、リズム音、太鼓、太鼓、男の歌、太鼓、男の歌、太鼓、詩、太鼓、太鼓、詩、何かを叩く音、太鼓、詩、小鳥、太鼓、小鳥、詩、小鳥、女の歌、意味不明、鶏、鶏、鶏、通りの雑踏、詩、詩、チリンチリン、チリンチリン、何かがこぼれる、太鼓のリズム、詩、意味不明、赤ん坊、犬、犬、わんわんわん、渾然一体、バグパイプ、詩、ドアがきしむ、女の歌、リズム音、民俗音楽、建築現場、民俗音楽、詩、詩、民俗音楽、美しい太鼓、女の合唱、民俗音楽、女の合唱、民俗音楽、小鳥、民俗音楽、小鳥、車、意味不明、ラジオevery morning, 意味不明、詩、女の歌、猫、猫、女の歌、猫、女の歌、詩、赤ん坊、バグパイプ、後ろ建築現場?、猫、詩、人々の声、女の子、女の子の叫び、聖歌隊、詩、男の歌、パイプオルガン、何かが泳ぐような水音、洗濯?、意味不明、ハーモニカのような音色、渾然一体、詩、赤ん坊、詩、ハーモニカ?、羊、メエメエ、小鳥、バゲッ!、民俗音楽、バゲッ!、詩、雄鶏、幼児、幼児の泣き声、詩、渾然一体、詩、赤ん坊、何かを叩く音、水、詩、相変わらず何かを吹く音、詩、小鳥、詩、車、男の歌、男の歌、何かを吹く音、ラジオ!、男の掛け声、ちゃーらい、何かを吹く音、詩、男の歌、詩、男の歌、男の歌、幼児、幼児、何かを吹く音、男の歌、詩、男の歌、幼児、幼児、まだ何かを吹き続ける、犬、男の歌、犬、幼児、幼児、詩、男の歌、犬、幼児、犬、鶏、詩、相変わらず吹き続ける、詩、幼児、幼児、渾然一体、幼児、渾然一体、詩、詩、小鳥、幼児、教会の鐘、幼児の泣き声、詩、幼児、馬、鶏、鶏、鶏、詩、小鳥、詩、小鳥、民俗音楽、詩、バグパイプ、男の間のびした声、赤ん坊の泣き声、詩、鶏、鶏、女の歌、通り、車、赤ん坊、赤ん坊、猫、赤ん坊、バグパイプ、猫、詩、バグパイプ、詩、意味不明、男、詩、渾然一体、渾然一体、犬、詩、馬車、馬車、通り、教会、小鳥、赤ん坊、赤ん坊、小鳥、赤ん坊、笛、赤ん坊、赤ん坊、赤ん坊、詩、鶏、詩、鶏、詩、鶏、詩、詩、笛、笛、詩、詩、赤ん坊、猫、詩、笛、男の歌、詩、建築現場、赤ん坊、路面電車、路面電車、赤ん坊、停車場、意味不明、詩、チリンチリン、詩、女の子、女の子、小鳥、男、男、意味不明、詩、小鳥、詩、詩、女の子、女の子、カモメ、詩、女の子、女の子、詩、カモメ、女の子の叫び、カモメ、カモメ。(1:00:11)

正確を期すならバグパイプ=イリアン・パイプス、太鼓=バウロン、笛=フルート、詩の朗読は途中より単に詩と表記。

それであれば、これもできる。
2019年1月4日午前10時27分15秒より

犬の寝息、犬の寝息、縄跳び、二重跳び、遠くのバイク、犬の寝息、静寂、遠くの車、静寂、遠くの車、静寂、子供の声、こんにちは、オーライ、オーライ、静寂、二重跳び、バタン、はい、トラックのバックする音、ピーピーピーピー、犬の寝息、バタン、バタン、何かする?、バイク音、はい、バタン、でんでん、ボールを地面にバウンドさせる音、バンバン、バンバン、犬の寝息、お疲れさまでしたー、バンバン、バンバン、でっどん、でっどん、で、で、で、で、ちぃ、犬の寝息、犬の寝息、で、とたん、とたん、で、でっどん、でっどん、で、で、で、で、で、で、で、で、トントン、トントン、で、で、で、で、で、トイレの水が流れる音、パシィ、で、で、で、・・・・で、で、で、静寂、で、で、で、で、で、で、で、で、バンバン、バンバン、ストーブがかすかにたてる音、すぃーすぃー、すぃーすぃー、犬がべちゃべちゃやる音、ぽろあんとぅらん、ぽろあんとぅらん、ウォーイ、ウォーイ、すぃーすぃー、すぃーすぃー、がらがらがらがら、静寂、遠くの環七の救急車のサイレン、うぉーうぉー、静寂、すぃーすぃー、すぃーすぃー、静寂、宅急便の配達の手押し車の音、ガラガラガラガラ、わん!、わん!、静寂、小鳥、静寂、静寂、犬の寝息、犬の寝息、ちらっと目の前の本を見る、Leap Before You Look、再び遠くで宅急便、ガラガラガラガラの小文字、飛行機、ぶぉ〜ん、ぶぉ〜ん、ピーポーピーポー、ぶぉ〜ん、ぶぉ〜ん、ピーポーピーポー、三たび宅急便、ぶぉ〜ん、ぶっっっっっぉ〜ん、犬の寝息、また?ガラガラガラガラ、小鳥、ほぃ、コトン、遠くの車、男の咳払い、えっへっへ、遠くのバイク、ぷうぉ〜ん、ぷうぉ〜ん、犬の寝返り。(28:45)

P.S. やられましたねHCE、バラッドそうですかバラッドですか、民謡、民衆の口伝えですね、読み書きの苦手な、やられましたねHCE、この後大丈夫なんでしょうか、洗濯まあ合っていたじゃないですか、カモメだってちゃんと飛んでいたじゃないですか、しかしそれにしてもこの真逆のベクトル実験は非常に面白かったです、人間の聴覚についての重要な示唆をいくつか得ました、ヒントをもらいました、さあ原作に入りましょう、いつものやり方で、そうです区立図書館が開くのを今か今かと待っていました年明け1月4日、借りてきました「フィネガンズ・ウェイク」関連図書4冊、検討タイム、宮田恭子さんの訳の集英社版で入りましょう、ただ今第一部第三章メチャクチャ面白い!これだけ文学的興奮を味わうのは T.S.Eliot の Gerontion 以来です、Here I am, Gerontion が踊り出てきて、僕の頭上にピャッと横風が吹きました、Joyce さんは初めて読んだ時、パッと、あ、この人は温かい人だなと思いました、あなたにはこれからも是非とも温かい人でいてください、読んで隙のない人ならたくさんいますから、あなたはこの本を1939年に書き上げました、80年後に一人の日本人が読み始めて鮮度が上がっています、ゲェ!何でこの本が買えないのですか?いくらなんでもそれはないでしょ、あんまりです、だから言ったじゃないですか、おできになるのならお笑いなさい、でもあなたはとばなければいけません、Laugh if you can, but you will have to leap.
2019年1月7日のお昼頃

2019年2月22日、「フィネガンズ・ウェイク」ようやく読了。
続いて2019年2月23日よりホメロスの「イリアス」(松平千秋訳、岩波文庫)に入る。

家族のうち誰がいちばんよく聞こえる場所に座るかも決めなくてはなりません

Posted in Essay with tags , , , , , on 2 January 2019 by kenwada

前回に続き再び「グレン・グールドは語る」(ちくま学芸文庫)の話。

後半の4チャンネル、第1列から第4列までのマイクロフォンの話 、
特に第4列のピアノに関係なく遠くの壁に向けられた二本のマイクロフォンの
話は非常に面白く、
僕が心の中で長年思い描いてきたある一つのイメージ、
明確な既視感 (déjà-vu) をもつ一つのイメージを喚起させた。

そのイメージの中で僕はとてつもなく広いアトリエの中心に立っている、
例えれば小学校の体育館くらい広いアトリエの中心に僕は立っている、
そして僕は時計の文字盤のように12枚のキャンバスを円形に並べる、
あるいは24枚でもよいかもしれない、すなわち15度ずつ。
そして例えば僕が12時のキャンバスに向かっている時に、
真後ろの6時のキャンバスの絵を描くのだ、透視と僕が個人的に呼んでいるもの。
同様に3時のキャンバスに向かっている時に、
背後の9時のキャンバスの制作に入る。

野球に例えたらバッターボックスに入った時に、
ピッチャーの投げる球だけは見ない、
ずっとレフトとライトのポールだけを見ている、
左目でレフトのポールを、右目でライトのポールだけを
ずっと見ながらバットを振るのだから、そのスイングは呪文になる。

つまり描くものだけは見ない、
僕が眼を四隅に散らすと長年個人的に呼んでいるもの。

問題は僕のアトリエ内の立ち位置なのだが、
「同様に、4チャンネルで部屋の四方から出てくる音を聴く場合、
家族のうち誰がいちばんよく聞こえる場所に座るかも決めなくてはなりません。」(p.107)
で、パッとイメージできた!
僕が動けばよいのだ、例えば僕と2時のキャンバスを結ぶ線上を円の中心から1/4、中点、3/4と動いて、その地点から見る6時なり8時なりのキャンバスをさらに鋭角的にずらせばよいのだ、フランス時代に画集の中で、晩年の Joan Mitchell がアトリエの隅に貼られている作品制作にとって重要なデッサンを、椅子に座りながら横目で見上げている美しい白黒写真に釘付けになったことがあったけれども、脳を活性化させる重要なものは正面や視覚内の容易に観れる場所に貼らない、おそらく脳がいつでも観れると安心して、ある種の極端な安易な状態になってしまう、脳への刺激とともに、脳に断層・ズレを生じさせるような働きかけを弱める現象なのだと思う、もちろん彼女は長い間の制作活動を通して、触発・喚起されるものを貼る場所についての居心地のよさを熟知している、そういえば de Kooning がカッと横目で前作を観ながらキャンバスに線を引く美しいシーンが YouTube にあったな、11時と12時と1時に3枚のキャンバスを立て制作に入るのなら、それは全員やっている。そしてアトリエの天井中央に設置したカメラで僕の動きを真上から動画で撮り、頭の点を結んでいけば面白い図形→抽象画が生まれるだろう。

2018年12月31日
和田 健

P.S. その1
「グレン・グールドは語る」は面白かった、次に武満徹著作集 (新潮社)に入り、ジョン・ケージとの対談 (第5巻)に触発された。まず「ジョン・ケージ ー小鳥たちのためにー」(青土社)から入ろう。そして2019年1月2日、ラジオ劇 Roaratorio (1979) の1時間の衝撃!う〜ん、どうしてこう次々にまるで芋づる式に課題が出てくるのだろう?こうなればこれはどうしたってジェームス・ジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」(1939) を読まなければいけないじゃないですか!おそらく相当難しいだろう、歯が立たないかもしれない、あるいは文体等に興味をもてないかもしれない、でもここはクリアーしないといけない、今までもそうして一つ一つ課題をクリアーしてきたではないか、ダンテの「神曲」だって、エリオットの「四つの四重奏」(原文)だって、そうやって一つ一つ乗り越えてきたんだ、ジョン・ケージが「フィネガンズ・ウェイク」を Roaratorio にもってこれたのなら、直観的に Roaratorio を絵画に落とす、平面にもってくることは絶対にできる、少なくとも可能性はあると思う。
Leap Before You Look

P.S. その2
2019年1月3日に思ったのだけれども、ジェームス・ジョイスの原作に取りかかる前に、Roaratorio をテープ起こしのようにして、バーっと音を言葉にして羅列していったらどうだろうか?
そうすれば面白いものができないだろうか?すなわち普通は原作を読んで、次にRoaratorio を聴いて理解を深めるという当たり前の順序を逆にする、逆方向からのベクトルを使う、従って原作に親しんでいる人からみたら、その音は小説の中で違う意味なんだよとか、差異・ズレが出てくる、そこが面白い、物語や聖書の伝承、昔話・・・なんでもいいんだけれども言い伝え、耳学問というものには必ずそういう要素が伴うと思う、さらにVersion 1 と 2 でも中身に違いが出てくる、意識がぶっ飛ぶところが大切、そこあまり面白くないから適当に聴いていたんだよとか、そのためにも何秒ごととかにいちいち音源を止めてのテープ起こし、確認作業をしないこと、一気にいく、Version 5 とか 6 とかになってきたら、今度は慣れの問題が出てくる、それもう何度も聴いたよ、だからもう集中力がうすれてきたんだよとか、それも面白いかもしれない、最後に退屈になって何も聞こえませんでしたとか、つまりは原作を読んでいないことを逆手にとって、原作を読む前にしかできない、今だからできることがあるのではないかという実験。John Cage が James Joyce の「フィネガンズ・ウェイク」を Roaratorio の中で音に翻訳したのなら、Roaratorio をとりあえず言葉に翻訳してみよう、何かが出てくるかもしれない。そう言えばグールドが掃除機の騒音の中で演奏するのは面白いと言っていたな。やってみましょう、早速!

来年僕は、触感上の妥協を呪文へとつなげられるか

Posted in Essay with tags , , , , , on 29 December 2018 by kenwada

年末、Dear Grid Worker No.7, 8, 9, 10 (今回のテーマは白と黒)の
4枚の制作の追い込みに執念をかけましたが、結局仕上がらず。
年明けに持ち越しとなりました。
でもNo.7 と8 はほとんどサインしてもよいところまでこれましたし、
まあいいんじゃないでしょうか。
何よりも描いていて楽しかった。
絵画は非常に回転が速いから、そのめくるめくようなスピードに
脳がついていくのが大変です。
つまり変化していく色と形を認識するのにどうしても時間がかかります。
これでよいのか (残すのか)、あるいはつぶすのか、判断するためにです。
そこを急ぐと必ず失敗します。
性急さと熱意は常に失敗の根元になります。
つまり芸術家は情熱がある方が誰でもより多く失敗するという逆説的かつ基本的・初歩的な問題に直面し、これをどのようにとらえたらよいのか悩むことになります。
いずれにしましても芸術家の世界は常に一瞬足りとも油断したら終わりですので、この追い込みで何とかいい形で2019年に入れそうです。

年末年始は、今続けているW.H.Auden の詩の読み込み (先日1929を読み終わりました、第Ⅳ章の最初の10行、特にthe loud madman とfalling children の絡みはとてつもなく美しい!問題の核心はこのfalling の一語です、これをどう訳す、理解する、解釈するか)と、聖書の読み込み (同じ節を新共同訳→NASB→KJV→仏語訳の4冊を回し読みすることで、何とか原語の意味を推測・とらえようとする試み、少しずつ進めてマルコによる福音書13章まできました)に没頭しようと思っていましたが、急に「グレン・グールドは語る」(ちくま学芸文庫)にとりかかりました。
この本は非常に面白い!
「完全性は、ピアノから離れてさえいれば理論的には獲得可能です。ピアノに向かった瞬間、触感上の妥協を強いられ、完全性の程度は下がります。そして必ず妥協点を見つけることになりますが、理想を追求した分だけ妥協しないで済むのです。」(p.45)
ピアノから離れてさえいれば・・・・
ピアノから離れてさえいれば・・・・
絵画から離れてさえいれば・・・・
う〜ん、これは年末に大きな大きなというか、偉大なヒントが来たな、絵画は必ず妥協点な訳ですが、キャンバスに向かった瞬間、触感上の妥協を強いられるため、それは具体的には筆であったり、絵の具であったり、画布や紙の表面のざらつき具合 (目のあらさのこと)であったり、あるいは自分の指・手首・肩等の関節のなめらかさの状態 (あたたまり具合)であったり、う〜ん、・・・・わかった!これ程偉大なピアニストがこんな原点的なことに呻吟していたのか、これとBruno Monsaingeon が1981年に撮影した映像番組のYouTube のセットで徹底してつかもう、ここ。これらの障壁を少しでも取り除くためには、おそらく直観的に呪文的要素ということが核心になる。僕が毎日毎日考えていたこと、絵画を支配・コントロールしない、絵画は支配ではない、絵画に奉仕、仕えるということ、色と形に寄りそうということ、つまりは聴くということ!そしていかに心を静かに保ち、心のギアをニュートラルに入れた状態で描き始める、発進させられるか!その時が来たら、メモを取っておくこと、例えば少し眠い時くらいの方が心のギアがニュートラルに入りやすい (多少気合が抜けるため)、逆に20分程度の昼寝の直後、たくさん庭仕事をした後 (一見関係ないことで疲れた後にチャンスが来る)、来客の後 (ざらついた気分からすっとニュートラルに入れることがある)、等々。

それでは皆様にとって来たる2019年が素晴らしい年でありますように!
どうぞよいお年をお迎え下さい。

2018年12月29日
和田 健

P.S. 写真は2018年12月15日のアトリエ風景です。
その後、これらの4作品は何度も否定されその形を大きく変えていきました。

Dear Grid Worker No.6

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 1 December 2018 by kenwada

親愛なるグリッド労働者 No.6
2018年11月
北軽井沢 作品 No.362
画布にアクリル
80.3×65.2 cm

Dear Grid Worker No.6
November 2018
Kitakaruizawa Works No.362
Acrylic on canvas
32.0×26.0 in.

Cher Travailleur Grillé / Chère Travailleuse Grillée N°6
novembre 2018
Kitakaruizawa Œuvres N°362
Acrylique sur toile
80.3×65.2 cm

Dear Grid Worker No.5

Posted in Recent Works 2018-2019 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 27 November 2018 by kenwada

親愛なるグリッド労働者 No.5
2018年11月
北軽井沢 作品 No.361
画布にアクリル
80.3×65.2 cm

Dear Grid Worker No.5
November 2018
Kitakaruizawa Works No.361
Acrylic on canvas
32.0×26.0 in.

Cher Travailleur Grillé / Chère Travailleuse Grillée N°5
novembre 2018
Kitakaruizawa Œuvres N°361
Acrylique sur toile
80.3×65.2 cm

マドリッドの展覧会が終わりました!

Posted in Exhibitions with tags , , , , , , , , on 15 November 2018 by kenwada

2018年11月4日よりマドリッドで開催されていた国際展覧会が終了致しました。
今回は事情により大変残念ながらオープニングに出席できませんでしたが、素晴らしい会場のAteneo de Madrid で行われたということもあり、連日大変な盛況だったようです。ディレクターのPaola さんから送られてきた写真を何枚かご紹介致します。これを機にまた前へ進みます。ただ今、Dear Grid Worker の新作、今回のテーマは白色と緑色、それから白色と黄色に格闘中です。
前へ進もう!ひたすら前へ!

マドリッドの展覧会のお知らせ!

Posted in Exhibitions with tags , , , , , , , , on 1 November 2018 by kenwada

2018年11月4日(日) から2018年11月15日(木) まで、マドリッドで開催される国際展覧会に出品致します。
いずれも未発表のZOUMITU WONDERLAND No.6 と No.7 の新作2点を展示します。
世界中から28名のアーティストが参加します。
オープニング・レセプションは、2018年11月4日(日) の午後6時からです。

Dear friends,

It is my pleasure to inform you that my two works will be showcased at International Art Exhibition in Madrid!
The show will open to the public Sunday, November 4, 2018, with an opening reception  that evening at 6pm, and run through Thursday, November 15, 2018.

I will exhibit my new two works; ZOUMITU WONDERLAND No.6 & No.7 at the gallery.

Sala Prado and Espacio Prado, Ateneo de Madrid
The Gallery of the Ateneo de Madrid
C/Prada 21, Madrid, Spain

http://www.trevisan-international-art.com/
http://www.ateneodemadrid.com/

ZOUMITU WONDERLAND No.6, 2018
Acrylic and watercolor on paper, 37.5×37.5 in. (95.0×95.0 cm)
including the frame

ZOUMITU WONDERLAND No.7, 2018
Acrylic, watercolor and gouache on paper, 37.5×37.5 in. (95.0×95.0 cm)
including the frame