Archive for アーティスト

My Drawing Photo on May 7, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 14 May 2022 by kenwada

My Drawing Photo on May 7, 2022
Acrylic on canvas, 32.0×39.5 in. (80.3×100.0 cm)

完敗!
結局、このあと、毎日の制作を続けながら、次第に次の一手が見出せなくなり、昨日5月13日になって、まるで首根を押さえつけられたかのように、まったく身動きがとれなくなり、ついに2枚とも屈辱的な敗北である没作品に終わりました。
今日これから、キャンバス2枚とも、全部黒でつぶして、また改めてゼロから、新しいテーマでやり直します。
油断はしなかったし、気力はむしろ充実していたし、作品にもっていけなかったのは何なのだろう?
この期間の日々の奮闘や努力は、いったい何だったのだろう?
絵画は、本当に難しい。
作家本人が、これまでに積み重ねてきた熟練や経験、引き出しといったようなものを、絵画は、激しく拒絶してくる。
いつまでも万年1年生であれと、要求してくる。
さらに言うと、1年生でいれれば、まだいい方で、毎日がまるで入学式当日のような新鮮な初心を忘れない無心な気持ちでいろと、要求してくる。
それは人間だから無理でしょ、そんな人間に出会ったこともないし。
でも究極のところ、芸術関係は、毎日が入学式のような心のもち方でいないといけないのだと思います。
それが真実なのではないでしょうか。
そこで何年も絵を描き続けている人の作品よりも、そのあたりの小学生が、夏休みの宿題に描いた絵の方が、インパクトがあるなんていうことが、実際に起きてくる。
それは不思議でも何でもなくて、絵画がその本質である「入学式」をついてくるからです。
つまり、制作のスタートなんです。
勝負は、スタートの「時点」で、すでにもう決まっているのですね。
ですから、「マイナスからのスタート」(これでは意味が通じませんので、少し説明が必要ですが)は、必ず身につき、ものになり、大成します。
それから、制作過程で、いったんこの先のレールが見えたと思って、それに思わず乗っかると、つまり、絵画の方に引きずり込まれてしまうと、次第に行き詰まってダメになる。
その兼ね合いが、本当に難しい。
そしてダメになると、これまでの仕事を、ただの徒労にしたくないものだから、人間は、姑息な手段を用いてでも、帳尻を合わして、何とかして没作品にならないように、自然としだします。
そうなれば、もうおしまいですね。
自分に「とっととつぶして、さっさと出直してください」と言いたい。
さらに考えます。

2022年5月14日
和田 健

追伸:
僕は専門外でよくわかりませんけれども、心理学などで、変な(というのは失礼な言い方だな)性格診断テストなどをやるよりも、もっと絵を描かせたらいいのになと、時々思います。
絵だと、愛してもいないのに、愛してます、なんて絵は描けません。
技量に優れていて、仮に描けたとしても、嘘だなと観てすぐにわかります。
絵は、言葉や文章よりも、嘘がすぐにわかります。
それは、おそらく絵画の方が、言語よりも、より原始的な要素を多く含むからではないでしょうか。
そして、その生涯を通して、嘘のない作品を描き続けた人をもって、偉大な芸術家というのではないでしょうか。
モネ、ボナール、マティス、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ジャコメッティ・・・、皆、どの作品を観ても嘘がないですね。
もちろん、嘘がないなどという失礼なレベルではなく、皆、何とか真実に迫ろうとして、そんなこととは、生涯無縁の、切羽詰った死に物狂いの人生を送っています。
そこのところです、大切なのは。
世間には何か絵のうまい人をもって、偉大な芸術家と思っている方が、いまだに若干いらっしゃるように思いますが・・・、それは僕の思い過ごしでしょうか?

さて、先ほど、実際に2枚とも黒でつぶしました。
感想ですか?
不思議なほど、何もありませんでした。
いつものことなので、仕事として慣れているということもあると思います。
あえて言えば、何か喪に服するとでもいった感じが少ししました。
さあ、また明日から新しいスタートです。
‘We will rise again’ です。

VOICES OF TOMORROW ART AWARD!

Posted in Exhibitions 2012-2022 with tags , , , , , , , , , , on 8 May 2022 by kenwada

Contemporary Art Curator Magazine というオンラインの国際的なサイトがあるのですが、僕が昨年描き続けた「無題 2021 ーシリーズ黒と黄のペインティングからー」の No.8 から No.15 までの8作品が、Voices of Tomorrow Art Award を受賞しました。

2022年5月8日
和田 健

Dear friends,

CONTEMPORARY ART CURATOR is an online contemporary art magazine, it covers visual art, photography, street art, art events and art films.
It is my pleasure to inform you that I won the Voices of Tomorrow Art Award of the magazine.

Warmest regards,
Ken WADA

Chers mes amis,

J’ai le plaisir de vous annoncer que j’ai gagné le prix Voices of Tomorrow Art Award de Contemporary Art Curator Magazine.

Bien amicalement,
Ken WADA

https://www.contemporaryartcuratormagazine.com/voices-of-tomorrow-art-award/ken-wada

My Drawing Photo on May 6, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 7 May 2022 by kenwada

My Drawing Photo on May 6, 2022
Acrylic on canvas, 32.0×39.5 in. (80.3×100.0 cm)

My Drawing Photo on May 5, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 5 May 2022 by kenwada

My Drawing Photo on May 5, 2022
Acrylic on canvas, 32.0×39.5 in. (80.3×100.0 cm)

連日、制作が続きます。
ここへきて、ようやく形が少しだけ見えてきました。
紫色、黄色、オレンジ色の組み合わせで、並行して、もう一枚制作中です。

2022年5月5日
和田 健

ABSTRACT ART 2022 AWARD!

Posted in Exhibitions 2012-2022 with tags , , , , , , , , , , on 16 April 2022 by kenwada

スペインの Artcertificate が主催する国際アートコンペティション「Abstract Art 2022」のドローイング/コラージュ部門で、僕が昨年末に描いた作品「無題 2021 No.25」が、第2位に入りました。

主催者側の発表で、世界中から250人以上のアーティストが参加して、600作品以上が応募されたそうです。

今年は眼を悪くして、それこそお元日からつらいことばかりでしたので、神様が少しご褒美をくださったのでしょうか。

受賞のお知らせのメールをいただいた後も、いつものように気迫をもって、淡々とキャンバスに向かいましたが、今日は眼の状態が非常によくなく、困難な制作になりました。

2022年4月15日
和田 健

Dear friends,

It is my pleasure to inform you that I won the 2nd prize in the Drawing / Collage category of the International Art Competition “Abstract Art 2022”.
Artcertificate in Spain organized the competition which brought together more than 250 artists from around the world and more than 600 works in all categories.

Warmest regards,
Ken WADA

Chers mes amis,

J’ai le plaisir de vous annoncer que j’ai gagné le 2ème prix dans la catégorie Dessin / Collage du Concours International d’Art “Abstract Art 2022”.
Artcertificate en Espagne a organisé le concours qui a réuni plus de 250 artistes du monde entier et plus de 600 oeuvres toutes catégories confondues.

Bien amicalement,
Ken WADA

My Drawing Photo on April 14, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 15 April 2022 by kenwada

My Drawing Photo on April 14, 2022
Acrylic on canvas, 32.0×39.5 in. (80.3×100.0 cm)

今日のドローイングは、昨日のキャンバスとは別のキャンバスです。
バーントアンバーの雑塗りをしましたが、青地の下には、ローアンバー→ジョーンブリヤン→オレンジと、3日間かけて積み重なっています。
いかがでしょうか。

僕は眼も半分見えなくなったし、もうパブロ・カザルス(1876-1973)としか、仕事をしない。
最近、よくそう思うようになりました。
もちろん、言うまでもなく、比喩的な意味合いにおいてですが。
カザルスは、非常に精神性が高い、稀に見るくらい高い。
そして彼は、完全に精神性とだけ生きている。
是非、彼の1971年の国連での「peace、peace、peace」の演説と合わせて、「鳥の歌」を聴いてください。
また、南仏 Prades の自宅で、教え子の女性のインタビューを受けるドキュメンタリーも、人間味にあふれて素晴らしいです。
インタビューも終わり、2匹の犬の散歩に出かける何気ないラストシーンが、また素晴らしい。
以上3点、すべて YouTube で、どなたでも簡単に観ることができます。

今、毎日、本当に少しずつですが(もう以前のようにガバッとは読めません)、大型の拡大鏡を使いながら、再読を進めている「ヨゼフとその兄弟たち」(昭和33年発行の新潮社版で全6巻です、ただ今弟4巻まできました)の作者トーマス・マン(1875-1955)や、カザルスのような極めて高い精神性とだけしか仕事をしたくない。

残りの人生は、何としてもそうしたい。
そういった人間をこそ、目標として生きていきたい。
そうしないと、やがて取り返しのつかないくらいの悔いが残る。
本当にそう思うのです。

ちなみに、遅読と言うのでしょうか。
1日にわずかなページ数しか読めないと、逆にいろいろなことを感じるようになりましたが、これにつきましては、また別の機会にいたします。

2022年4月14日
和田 健

My Drawing Photo on April 13, 2022

Posted in Essay 2012-2022 with tags , , , , , on 14 April 2022 by kenwada

My Drawing Photo on April 13, 2022
Acrylic on canvas, 32.0×39.5 in. (80.3×100.0 cm)

下地にグリーン、その上に雑塗りのオレンジ、さらにその上に雑塗りのブルーをかぶせる。
明日、上からまずバーントアンバーの雑塗りを味わいながらチェックした後、何か他の色のべた塗りで全部消そう。
その時、思わず吐き気を催すような、その日、自分が最も使いたくない色をあえて塗ると、使いこなせる色の領域が広がる。
そして、雑塗りからベタ塗りに、必然的に移行する訳だから、同時に、途中経過でその色の雑塗りも試せる。
人間は、放っておくと、その人の好きな傾向の色を、自然と使いたがるため、どうしても偏りがでる。
その打破のための一方策。

絵画は、まずは第一に何と言っても「環境」を整える。
(この場合の「環境」が意味するものが、これでは漠然としていて曖昧で伝わらないと思いますが、今、そのことが主題ではないので、ここではその説明は、素っ飛ばします。)
自分にできる範囲で環境を整えたら、次に、その日の制作メニューやプログラムが、創意工夫に満ちて斬新であるかどうかを、常に自分に問う。
「今日の制作メニューはユニークで斬新か!?」
「それとも昨日までやっていたのと同じような、言わば旧態依然としたものか!?」
毎日、斬新はできない。
でも毎日、新鮮な気持ちで向かうことはできる。
そのために、「創意工夫」「自由」「特異」「特殊」などの要素を尊重する。
「異端児」であれ。
要は、自由に伸び伸びとやる。
勝手に脳にまかせる。
制作の方向性を定めない。
だけれども執拗にやる。
そうして色と形の組み合わせの引き出しを、毎日少しずつ増やしていく。
これに基礎基本の反復の要素を加え、細かく、細かく、繰り返し、繰り返し、地道に、地道に。
そしてそれらを必ずメモし、記録を積み重ねていく。
特に僕は、忘れやすいから。
今現在、僕は、毎日こんなことを考えて制作しています。
絵画制作=こんなに面白い仕事、はちょっと他には、あまりないように思いますので、これからもでき得る限り大切にしていきたいと思います。

2022年4月13日
和田 健

Summer Mountain Painting No.1

Posted in Exhibitions 2012-2022 with tags , , , , , , , , on 9 April 2022 by kenwada

Summer Mountain Painting No.1, 2019
Acrylic and multi-talented pencil on paper, 28.0×32.0 in. (70.8×80.5 cm)

現在、ロンドンやバルセロナに活動の拠点がある Contemporary Art Station の “Contemporary Expressions Award” に、僕の2019年の作品「ナツヤマペインティング No.1」がノミネートされています。
こちらのページ↓です。
https://www.contemporaryartstation.com/online-catalogue/2022/3/27/ken-wada-japan

この作品には、かなりてこずり、とても深い思い入れがありますが、これまで発表する機会に恵まれませんでした。
もう僕の展覧会はなくなりましたので、たとえこうした形であっても、皆様に観ていただければ、作家としては大変うれしいです。
他の国のアーティストの作品も、皆さん、それぞれ素晴らしいですね。
いつも思うことですが、アートには国境がなく、絵画には翻訳が要りません。

まったく同じような意味合いで、4月1日にアトリエで、ふと目について撮った写真のご紹介なのですが、2021年のこの4作品も、個人的にはとても好きな作品ですが、ついに一度も展示する機会がなく終わってしまいました。
残念ですが、もう仕方がありませんね。
本当にそのままパッと撮りましたので、並べ方とか結構バラバラです。
コンポーズブルー#2と黒を組み合わせて、ピンクでサインを入れました。
F15号のキャンバスを使いましたので、大きさはそれぞれ 65.2×53.0 cm の小さめの4作品です。

Untitled 2021 No.1-4 ーfrom the series Black and Blue Paintingsー, 2021,
Acrylic on canvas, each 26.0×21.0 in. (65.2×53.0 cm)

2022年4月9日
和田 健

僕の最後の展覧会、Artexpo New York 2022 が始まりました!

Posted in Exhibitions 2012-2022 with tags , , , , , , , , , , on 7 April 2022 by kenwada

皆様、こんにちは。
本日、2022年4月7日(木)から4月10日(日)までの4日間、アメリカの World Wide Art Gallery から、第45回目を迎える Artexpo New York に参加します。
Artexpo New York への参加は、2018年、2021年に続いて3回目になります。
アートがお好きな方でしたら、ご存知の方も多いと思いますが、ニューヨークで一番古くて大きなアートフェアです。
現地にご滞在の邦人の方をはじめ、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
World Wide Art Gallery のブース#108 に、僕の2作品が展示されています。
4月1日の記事の中に書きましたので、繰り返しませんが、これが僕の最後の展覧会になります。
ギャラリーのディレクターから、ブースの写真と、Pier 36 は、今までニューヨークで使用した会場の中で、nicest とのメールをいただきましたので、合わせてご紹介いたします。
“The venue of Artexpo is Pier 36 on the Lower East Side. This is a large, newly renovated building, and actually, of all the venues where we have exhibited in New York, this one is the nicest.”
最後ですから、僕も今回は現地に行きたかったです。

僕の展覧会は、結局、個展とグループ展等を合わせて全部で46回でした。
その内訳は、日本で9回、フランスで21回、アメリカで8回、イタリアで3回、スペインで2回、イギリスで1回、韓国で1回、オンラインで1回でした。
展覧会の思い出はあまりにも多くて、とても一言では言えません。
この場を借りて、会場にお越しくださったすべての皆様に、心より厚く御礼と感謝の念を申し上げます。
これまで言葉にできないほど、たくさん成長させていただき、本当にありがとうございました!

もう展覧会もこれで終わりですし、眼もこんな状態ですが、これからも制作の手を絶対に緩めずに生活していきます。
4月のあまりの大雪による雪害で、その後始末に追われ、この3日間、制作ができませんでしたが、今朝からまた再開しました。
制作の手さえ緩めなければ、そして感覚を研ぎ澄まして継続してさえいけば、絶対に片目でもできる、そう思うしかないですね、今はそんな心境です。

2022年4月7日
和田 健

Dear friends,

It is my pleasure to inform you that I will participate in Artexpo New York 2022 that takes place from 7-10 April 2022.
This is my third participation in the New York Show.
As you probably know, Artexpo New York in the largest, oldest and best established art fair in New York City.
My two artworks will be displayed at the World Wide Art Gallery (US) Booth #108.

Everyone, very unfortunately, this Artexpo New York is the last exhibition in my artist career.
I will not retire.
I will continue to make paintings every day.
However, since the beginning of this year, I have continued to treat my right eye disease (Wet AMD), but since I lost most of my right eye vision / eyesight, I decided to stop the exhibition in consideration of the burden of my eyes.
Finally, my exhibition has been 46 times (11 solo exhibitions + 35 group exhibitions) in total throughout my artist career.
The number of exhibitions by country is
9 exhibitions in Japan
21 exhibitions in France
8 exhibitions in US
3 exhibitions in Italy
2 exhibitions in Spain
1 exhibition in UK
1 exhibition in South Korea
1 Online exhibition

Thank you very much for many, many memories!

Warmest regards,
Ken WADA

Show Location
Pier 36
Lower East Side,
299 South Street
New York, NY 10002

SHOW HOURS
VIP / PRESS PREVIEW
Thursday, April 7, 4 PM – 5 PM

OPENING NIGHT PREVIEW
Thursday, April 7, 5 PM – 8 PM

Public Show Hours
Friday, April 8, 11 PM – 7 PM
Saturday, April 9, 11 AM – 7 PM
Sunday, April 10, 11 AM – 5 PM

Untitled 2022 No.2

Posted in Works 2022 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 5 April 2022 by kenwada

無題 2022 No.2
2022年3月
北軽井沢 作品 No.449
画布にアクリル
80.3×100.0 cm

Untitled 2022 No.2
March 2022
Kitakaruizawa Works No.449
Acrylic on canvas
32.0×39.5 in.

Sans Titre 2022 Nº2
mars 2022
Kitakaruizawa Œuvres N°449
Acrylique sur toile
80.3×100.0 cm